想像してごらん♪

きっと良いことあるかも!! 神前あそん

哀しき喜び・・・

根本的には哀しい話ではあるけど、無いよりはあった方が数倍ましな話で・・・現実を受け容れればそれは嬉しい話ということになる。

交通事故で障害持ちになったのではあるけど、たまたまその前後数年だけ国民年金加入時で障害年金の申請は出来なかった(3級程度だったので)。障害手帳はまず肢体障害の下肢の機能障害で認定をいただいた。当初難癖つけられたみたいに却下され、再提出は主治医の意見書より低く見積もられたけど認定され発行された。次いで治療というか経過観察を続けていた眼の障害を追加申請して認定された。眼は主治医の(症状が悪化するだろう)という父心wで2年後再認定で登録されていた。昨年末再審査時期だったけど聴力障害の審査請求と同時に行った。政令指定都市でも大きな市でもないのに1月で再交付された。下肢+視覚+聴覚で3級になった。見た目かなり元気な障害者でありますがねww

f:id:ason-kohzaki:20190216152750j:image

障害手帳の等級は併合認定され5→4→3級と等級が上がりました。当県では3級にも医療費支援があるのでこれからは少し助かります。まあ、今後の診療は減って行くのですがね。同時に申請した障害年金も認定されれば嬉しいなと。退院後しばらくして障害者枠で就職したので年金が厚生年金になった。健康診断で聴力が悪いねと言われ、その後目眩もあって耳鼻科に通院し聴力より語音明瞭度が良くないことが分かった。ということで「初めて2級」という申請方法で提出した。手帳の審査はとても早かったけど、障害年金は最低でも3.5ヶ月かかるらしい・・・・・・